必要な資金準備から始めるマイホーム計画

住宅ローンについて

住宅ローンを取り巻く環境は激しく変動するものです。
長く住宅ローンの中心となっていた住宅金融公庫が住宅金融支援機構へと変わり、数年前は変動金利が主流だったのが最近では固定金利の利用者が増加しています。
また、銀行や信用金庫以外にも住宅ローンを専門的に取り扱うモーゲージバンクが現れました。
モーゲージバンクの出現は、既存の金融機関を巻き込んで住宅ローン競争を激化させています。
そのため、住宅ローン商品の商品開発が活発になっています。
より良い住宅ローンを開発して、消費者を取り込もうとしており、金利や付加価値の競争が激しくなっています。
住宅ローンの利用者にとっては有利な商品を選べるチャンスとなっています。
しかし、住宅ローンの多様化と複雑化により、利用者がどの住宅ローンを利用するか迷ってしまいます。
住宅ローンが激化し始めたころは、金利競争を各金融機関がしていましたが、これには限界があり、特徴を出すことが困難となりました。
そのため、付加価値をつける方向へとシフトし、その代表が保険付き住宅ローンです。
通常、住宅ローンを借りると団体信用生命保険に加入し、借入者に万一のことがあっても住宅ローンの残高が保険で完済されます。
しかし、三大疾病やそれ以外の病気でも保健の対象となるものが発売され、短期間で保険付き住宅ローンが広がりました。
最近ではこのような住宅ローンの取り扱いも増加しましたが、既に加入済みの保健内容も考慮した上で選ぶ必要があります。
2003年ごろまでは、低金利が住宅ローンを利用する人にとって大きなメリットとなっていたため、変動金利や短期固定金利の住宅ローンが人気でした。
不動産会社もこのような住宅ローンを勧めていたようです。
しかし、金利上昇に伴い、2006年ごろから中期固定型の利用が増加し、長い期間の固定へと意識が変わり、今後もしばらくはこの流れが主流となるでしょう。
一戸建ての購入をこれから検討する場合、フラット35も知っておきたい住宅ローンです。
最大の特徴は長期固定型であることです。
最長35年間、同じ返済額で住宅ローンを組めることに注目され、最近では住宅ローンの中心として成長しています。
今後、20年以下の固定型で金利を下げた商品も発売されるので、さらに注目が高まるでしょう。

Copyright (C)2018必要な資金準備から始めるマイホーム計画.All rights reserved.