必要な資金準備から始めるマイホーム計画

工務店と設計事務所

工務店には、小規模経営のものから大規模経営のものまで様々です。
どんな規模でもポイントとなるのは施工の技術力です。
工務店で依頼する場合でも木工事と造作工事を除いては各専門工事会社が請け負うので、職方を取り仕切って統率する大工棟梁の力量も重要となります。
設計から施工まで一貫して行いますが、設計は協力設計事務所に依頼する場合もあります。
工務店の管理担当者が現場監督をして工事管理を行います。
契約は工務店と工事請負契約を結びます。
敷地条件に合わせて設計可能で戸建てプランの自由度は高いですが、伝統的な在来工法を得意としている工務店が多いです。
工期は比較的短期間ですが、個々に差があります。
実績のある工務店は技術力が信頼でき、最近ではプレカット材の使用などによって品質の安定を図るところも増えています。
工務店は基本的に地域密着型なので、アフターサービスに機動力があり、融通も多少効くことが多いようです。
設計事務所の技術力は幅が大きく、デザイン傾向や住宅に対する考え方も多種多様です。
設計事務所にとっての技術力とは、建主が希望する住宅性能を実現する設計力と工事管理能力にあります。
設計の意図通りに工事が行われているかを管理する能力は、住宅の質をより良くするためにも特に重要なポイントだと言えます。
設計事務所は設計のみを行い、設計業務委託契約と工事管理業務委託契約を結びます。
施工は、工務店が行うので工務店と工事請負契約を別に結ぶことになります。
設計事務所に工事管理を委託することが可能ですが、この場合は設計図通りに工事が進んでいるかを第三者的立場でチェックします。
そのため、ミスや手抜きを防ぐことも可能です。
戸建てプランの自由度は高く、建主の希望やこだわりに柔軟に対応してもらうことが可能です。
ここが、設計事務所に依頼する場合の最大のメリットと言ってもいいでしょう。
特に変形狭小などの厳しい敷地条件ではとても頼りになります。
工期は余裕をもって考えても1年程度はみておく必要があります。
アフターサービスは設計事務所によって異なりますが、数ヶ月後や数年後など時期を選んで点検をしてくれることもあります。

Copyright (C)2018必要な資金準備から始めるマイホーム計画.All rights reserved.