必要な資金準備から始めるマイホーム計画

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーは、設計から施工までを一貫して行います。
設計はメーカーの設計者が行いますが、施工はメーカーの施工部門が行う場合と協力工務店や下請工事会社が行う場合があります。
相談窓口となるのが営業マンで、この営業マンが家づくりのカギを握っています。
家づくりの成否は担当営業マンの能力と相性次第で大きく変わってきます。
営業マンが、建主の希望をしっかりと理解して実現しなければいけません。
工事管理は、メーカーの管理担当者や協力工務店の現場監督が行うことになります。
チェック体制などが確立しているか、責任者は誰なのかなどはしっかりと確認しておくことが必要です。
契約はメーカーと工事請負契約を結ぶことになります。
実際の施工は協力工務店などが行う場合も、契約はメーカーとむすぶことになるので、契約内容はしっかりと確認して理解しておくようにすることがトラブル回避の重要なポイントです。
ライフスタイルや予算、こだわりなどに合わせて様々な商品が用意されていますが、ある程度規格化されている場合が多いので、完全に自由なプランを選べるというわけではありません。
また、敷地の大きさや形などによっても制約があります。
ハウスメーカーで建てる一戸建ては、システム化されていることが多く、工期は短期間なことが多いようです。
ほとんどは、一品生産品と呼ばれる方法をとっており、これは工場生産された部材を図面に合わせて組み立てていくものです。
これに係わる多くの下請け会社の人々をハンドリングする力量もメーカーには必要とされています。
工場で生産された部品などを多様することで、品質の安定を図っており、最新技術も積極的に取り入れ、安全性や耐久性を高めています。
これは、様々なメーカーが競っているポイントともなっているでしょう。
メーカーにメンテナンス担当部門があったり、協力会社によってアフターサービスが行われており、定期点検もしっかりと保障されています。

Copyright (C)2018必要な資金準備から始めるマイホーム計画.All rights reserved.