必要な資金準備から始めるマイホーム計画

金利を考える

住宅ローンには変動金利と固定金利があります。
通常、市場金利が低金利で、今後の金利が上昇傾向の時は、固定金利を選択することが望ましいです。
金利の低いうちに固定金利で借り入れすることで、金利が上昇しても安心して返済可能です。
反対に、市場金利が高金利で、今後の金利が下降傾向の時は、変動金利を選択することが望ましいです。
高金利の時に固定金利で借りれば、市場金利が下がった後も高い金利で支払わなければいけません。
つまり、今後の金利がどうなるかを考えて選択する必要があります。
しかし、これは誰でも簡単に分かるものではないでしょう。
目先の低金利のメリットを考えて、変動金利や短期固定型を選ぶ人も多いです。
しかし、その中間的な位置づけにある10年前後程度の固定金利の住宅ローンを選ぶ人も増えています。
低金利のメリットとリスク回避を無難にとれるという考え方のようです。
じっくり考えなければいけないのが返済計画とそれにはどのタイプの住宅ローンが適しているかということです。
具体的には、住宅ローンをどれくらいの年数で完済するかということです。
借入期間が30年でも20年で完済するならば、30年固定型にする必要はありません。
20年固定型のほうが金利が低いことも多いです。
また、毎年少しずつ繰上返済することを考えるならば、15年を過ぎたころには、住宅ローンの残高も少ないので、金利上昇リスクが多少高くなっても大丈夫という考え方もあり、10年固定型の住宅ローンを選ぶこともできます。
返済計画や考え方で、それぞれ適した住宅ローンは違います。
また、住宅ローンの返済タイプは1つに決める必要はありません。
例えば、30年固定型と5年固定型を組み合わせて借り入れることもできます。
以前は、このような利用方法を金融機関が嫌い、組み合わせる事ができないケースも多かったですが、現在では多くの金融機関で柔軟に対応してくれます。
副囿数の住宅ローンを組み合わせる方法を活用してみてもいいでしょう。
戸建て購入の住宅ローンは、予定より高くなることもあるので、慎重に考えましょう。

Copyright (C)2018必要な資金準備から始めるマイホーム計画.All rights reserved.